児童発達支援とは?

 児童発達支援事業とは、児童福祉法に基づくサービスの一つです。0歳~6歳までの未就学児を対象とし、将来的な本人の負担を軽減するために、障害の有無に関わらず 発達の遅れが気になるお子さまの利用も幅広くおこなわれております。

早期療育の必要性

​ 生活面が中々自立しない、身体の使い方や手先が不器用、集団生活になじめない、友達関係がうまくいかない等発達のの遅れや偏りにより困り感を感じているお子さまには早期から個々の発達や特性に合わせた支援をおこなう必要性があると言われています。

 ひとりひとりに合わせた発達支援をすることで適切な行動やスキルの習得を促すことができます。

 『三つ子の魂百まで』と言われるように、幼少期の経験は脳の発達に大きく影響されるため、早期の療育が効果的と言われています。

​「できたよ!」の経験をたくさんしよう。

「ボクもできる!ワタシもできる!」

「もっともっとやりたい!!」

​という自信を身に付け、お子さまが自分から学びたい、成長をしたいという気持ちを育むことが大切です。

どのお子さまも、必ず成長をしていく力を秘めています。

​お子さまひとりひとりのペースでその成長を支えていきます。

​Contact

メールまたはお電話でお気軽にご連絡ください

​こども発達支援センター『ばんばん』​

〒700-0833

岡山県岡山市北区天瀬2-21(2F)

​こども発達支援センター『ばんばんLab.』​

〒700-0975

岡山県岡山市北区今8丁目14-13(2F)

※見学希望・相談などご用件の希望をご記入ください。

お問合せ
arrow&v
arrow&v